ボトムライン

納期カレンダー

ご注文後 メールが 届かないお客様へ

クーポンコードの入力方法

ボトムライン

ご注文時商品名を
ご指定できるようになりました。

Adobe CC

メルマガ会員

ジオプリントはエベッサ大阪を応援しています!バナー

データ作成入稿ガイド

全てご確認頂ければデータ準備は万全!

お客様が作成された印刷データについて、入稿前に再度確認していただきたい項目を、チェック形式にて掲載しています。 ご入稿後、スムーズに印刷工程へ進むことができます。

※データ制作において、すべてのデータを保証するものではありません。


必ずお読みください

データ作成する前に

データ作成する前に

完全データでご入稿ください

完全データについて

完全データとは、データ修正の必要がない最終稿の完成された、印刷可能な制作データのことです。
チェック項目にてアプリケーション(ソフト)ごとに印刷可能な制作データかどうかを確認して下さい。 データ入稿の前にはより入念なチェックをお願いいたします。

なお、完全データではなかった場合、お客様にて修正いただき再入稿を、お願いしております。

また、ご入稿日が変わってきますと、受付確定日や出荷予定日も順次変わりますので、当初のご入稿日から計算される日数とは異なってきます。あらかじめご了承ください。

データチェックポイント

この項目に1点でも該当したデータは、印刷工程へ申し送りすることができません。
お客様にてデータを修正後、再入稿していただくことになります。
ご入稿の前に必ずご確認ください。

各ソフトのデータチェックポイント

各ソフトの制作上でのチェックポイントをまとめております。ご参照ください。

  • Adobe Illustrator
  • Adobe Photoshop
  • Adobe InDesign
  • PDF
  • Windows
Microsoft Office

RGBカラーと特色指定の使用について

データ中のRGBカラー、特色指定はすべてCMYKモードに変換します

RGBカラーや特色指定は、すべて当社規定の印刷標準仕様の基づいたプロファイル変換を行っております。
お客様の出力結果環境とは違いが生じます。
また、ソフトのバージョンアップや当社システムの更新に伴い、その時々で結果に差が出ることがあります。

4色ベタについて

4色ベタとはCMYKすべてが100%でデータ作成されている状態です。

この状態は印刷の許容量を超えた大量のインキが紙に転写されるため、乾きが悪くなり印刷後に紙が重ねられた際に、乾いてないインキが上の紙に付着します。
また4色ベタが広範囲になると紙同士がくっついて、その後の工程で用紙がはがれる際に、印刷面もはがれて傷がついてしまいます。
CMYKすべてが100%の4色ベタは様々な印刷トラブルの原因となり印刷できませんので、必ずCMYKの合計は、300%以内に設定してください。

カラーパッチについて

データ作成の際、お客様独自にカラーパッチをつけないでください。

お客様独自のカラーパッチがデータ上にございますと刷り色などに悪影響が出る場合がございます。
ご入稿いただきましたデータは、お客様に修正いただき再入稿をお願いする場合がございます。

スミ(Black100%)100%設定について

一般的な印刷物の場合、スミ(Black100%)100%の場合は「ノセ」という処理がされます。
当社のシステムも同上の処理がなされます。
これには小さな文字が絵柄の上に乗った場合でも、判読しやすいなどの利点があります。
しかし、場合によっては意図しない結果になる場合もあります。

ノセOK
ノセNG

スミノセを回避する対応策としては、スミ(Black100%)100%にプラス、C60+M30+Y30を設定してください。

※「スミノセ」とは=アプリケーションソフトでは、オーバープリントのこと。
文字や罫線を下の他色の版に刷り重ねる処理のこと。