印刷通販のジオプリント ネット印刷 印刷通販 フライヤー チラシ  | Photoshopの注意点

0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

Photoshopの注意点

新規ドキュメントの作成

完全データ作成のためにも、まずは注文サイズでデータ作成されているか、必ずご確認ください。

データは必ず原寸サイズで作成してください。当社では拡大・縮小は行いません。
フォトショップの場合は、イラストレータのように仕上りサイズからトンボを作成するような機能はありません。

データサイズは「仕上りサイズ」+「塗り足しサイズ」=短辺3mm+3mm、長辺3mm+3mmで作成してください。

例)A4サイズ(短辺210×長辺297mm)の場合

データサイズは短辺216mm【210mmに塗り足し6mm(3mm+3mm)】、長辺303mm【297mmに塗り足し6mm(3mm+3mm)】で作成してください。

「CMYKカラーモード」でデータを作成してください | Photoshopの注意点

解像度は350dpi~400dpi pixel/inch に設定

カラーモードは
モノクロ印刷の場合の場合は「グレースケール 8bit」
フルカラー印刷の場合の場合は「CMYKカラー 8bit」

カンバスカラーは「白」で設定してください。

塗り足し用のガイドラインを作成してください。

仕上りと塗り足しの境界線を作成することで、断裁等の仕上り時のトラブルを、減少させることができます。

「CMYKカラーモード」でデータを作成してください | Photoshopの注意点

画像の統合

データ作成後は、必ず画像の統合を行い、1つのレイヤーにまとめてください。

画像の統合 | Photoshopの注意点

※画像が統合される際には、非表示レイヤーは破棄され、文字そのものや画像の効果等の編集ができなくなります。
統合する前には、一度別名保存していただき、そのファイルの画像の統合をしていただき、再編集できるよう元データはバックアップとして、残すようにしてください。

加工指示書

オプションで加工を選択された場合は、加工指示書を新規レイヤーで作成してください。

例)折り加工の場合

新規レイヤーを作成し、レイヤー名は【加工指示書】としてください。
折り線部分はガイドラインを引いてください。
「山折り」か「谷折り」をテキストで指示してください。
サイズ、表紙、天地もテキストで明記してください。

新規レイヤーを作成し、レイヤー名は【加工指示書】としてください。 | Photoshopの注意点

加工指示を追加する前に実際に印刷で使用するレイヤーは「画像の統合」を行ってください。
新規レイヤーや作成し「加工指示レイヤー」と名前を付けて下さい。
「加工指示レイヤー」に加工に必要な指示を記入して下さい。
※印刷で使用するレイヤーと「加工指示レイヤー」は、当社で分割するので統合しないで下さい。

保存形式

保存形式はフォトショップのネイティブ形式である「psd」で保存してください。