印刷通販のジオプリント ネット印刷 印刷通販 フライヤー チラシ

0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

トップページ > データ作成ガイド > InDesignの注意点

InDesignの注意点

新規ドキュメントの作成

新規ドキュメントの作成時の設定

ここではA4、縦/左綴じ、8ページの冊子を制作すると仮定します。
【ファイル】メニューから[新規]→[ドキュメント]を選択してください。

新規ドキュメントの作成時の設定 / InDesignの注意点

新規ドキュメント設定を下図のように設定します。

新規ドキュメントの作成時の設定 / InDesignの注意点

下図は、開いた新規ファイルの【ページ】のパラグラフです。
中綴じの冊子では、表紙と裏表紙は見開きで作成せず、単ページのサイズで作成します。

新規ドキュメントの作成時の設定 / InDesignの注意点

アプリケーションのカラー設定

データは「CMYKカラーモード」でデータを作成してください。

編集メニューから「カラー設定」を選択してください。それぞれのアプリケーションのカラー設定が統一されていないと、同じデータでも意図したものと大きく違った色になってしまうことがあります。 印刷用のカラー設定としては、下記の設定をしていただくことをお勧めします。

アプリケーションのカラー設定 / InDesignの注意点

カラーについて

色指定はCMYKで指定してください。

色指定はCMYKで指定してください。 / InDesignの注意点

スウォッチに登録された特色(DICやPANTONEなど)は入稿前にCMYKにカラー変換してください。
そのまま入稿されますと、不具合の原因となりますので、ご注意ください。

カラーについて/スウォッチパレットで特色設定されたカラーをCMYKに変換手順

1.カラーについて/スウォッチパレットで特色設定されたカラーを表示

カラーについて/スウォッチパレットで特色設定されたカラーを表示 / InDesignの注意点

2.スウォッチ設定画面

スウォッチ設定画面 / InDesignの注意点

3.スウォッチパレットにて特色からCMYK変換された画面

スウォッチパレットにて特色からCMYK変換された画面 / InDesignの注意点

フォントについて

フォントはすべてアウトライン化してください

インデザインの場合、フォントのアウトライン化には2通りの方法があります。

・テキストフレーム全体のアウトライン化
・インライングラフィックスとしてのアウトライン化



アウトライン化は「テキストフレーム全体のアウトライン化」で実行してください。
「インライングラフィックスとしてのアウトライン」化は、フォントのバウンディングボックスを基準に行われるため、バウンディングボックスの分だけ文字の位置がずれてしまいます。
フォントのアウトライン化は必ず「テキストフレーム全体のアウトライン化」で実行してください。

アウトラインを行うテキストフレームを選択した状態で、書式メニューのアウトラインを作成を実行する。

フォントはすべてアウトライン化してください / InDesignの注意点
<注意点>

テキストの選択の仕方で文字送りが変わってしまいます。
必ず、「テキストフレーム全体」を選択して下さい。

フォントはすべてアウトライン化してください / InDesignの注意点
当社ではフォントのアウトライン化の必要のない、PDF入稿をおすすめしております。

【表】機能で作成された表組中のテキストについて

表組の中のテキストをアウトライン化しても、元のテキストが残ってしまいます。
テキストが二重に重なって表示されますが、そのまま入稿してください。

【表】機能以外で作成されたエリア以外にアウトライン前のテキストがある場合は、データに不具合が生じたとして、データチェックNGとして、お返ししております。

リンクについて

リンク画像(配置画像)が揃っていますか?

入稿にはすべてのリンク元画像が必要です

リンクで配置した画像は、リンクしている元の画像ファイルも必要です。すべての画像を入稿していただく必要があります。
リンク画像データファイルが揃っていないとリンク切れとなり、画像を表示・印刷することができません。

リンク画像の確認

Indesignのリンクパレット(「ウィンドウ」メニュー→「リンク」)を使用して、画像の配置状態を確認できます。
リンクされている画像ファイルすべてが、ご入稿データの中に揃っているかご確認ください。

正常にリンクで配置されている場合、リンクパレットにはリンク画像ファイル名が表示されます。
リンクパレットで確認できるものと同じ名前の画像ファイルを入稿してください

リンク画像の確認 / InDesignの注意点
 / InDesignの注意点マークが表示されている場合、画像ファイルがindesignファイルに埋め込まれた状態で配置されています。
この場合は埋め込み画像ファイルとなり、リンク画像データは入稿していただく必要がありません。

リンク画像の確認 / InDesignの注意点

リンク画像の確認 / InDesignの注意点 マークが表示されている場合は、リンク画像ファイルを読み取ることができない状態です。
画像を再配置するか、リンク画像ファイルをindesignファイルと同一階層にを移動させてください。

リンク画像の確認 / InDesignの注意点

リンク画像の確認 / InDesignの注意点マークが表示されている場合、リンク元の画像ファイルが変更された可能性があります。
Photoshop等の画像処理ソフト等で修正を加えた時は、リンクを更新してください。

リンク画像の確認 / InDesignの注意点

プリフライトチェックとパッケージ(リンク部品)について

ライブプリフライトの設定

InDesign CS5(CS4)には、設定上の問題点を制作中にリアルタイムで警告する「ライブラリプリフライト」機能が搭載されています。
InDesignドキュメント画面左下より「プリフライトプロファイル画面」から「プリフライトプロファイル」を読み込みます。

ライブプリフライトの設定 / InDesignの注意点

「パッケージ」によるプリフライトとファイル収集

インデザインではデータ作成後、データ本体に問題がないかセルフチェックすることができます。

ライブプリフライトの設定 / InDesignの注意点

「パッケージ」ボタンをクリックした後に、【印刷の指示】画面にてデータ作成に関するお問い合わせ先等の情報をご入力いただき「続行」ボタンをクリックしてください(推奨)。
ここまでで問題がなければ、「パッケージ」ボタンをクリックしてください。

配置画像について

リンク設定

リンク画像(配置画像)が揃っていますか?

入稿にはすべてのリンク元画像が必要です。
リンクで配置した画像は、リンクしている元の画像ファイルも必要です。すべての画像を入稿していただく必要があります。
リンク画像データファイルが揃っていないとリンク切れとなり、画像を表示・印刷することができません。

リンク画像の確認

Indesignのリンクパレット(「ウィンドウ」メニュー→「リンク」)を使用して、画像の配置状態を確認できます。
リンクされている画像ファイルすべてが、ご入稿データの中に揃っているかご確認ください。

正常にリンクで配置されている場合、リンクパレットにはリンク画像ファイル名が表示されます。
リンクパレットで確認できるものと同じ名前の画像ファイルを入稿してください

配置画像について / InDesignの注意点
配置画像について / InDesignの注意点マークが表示されている場合、画像ファイルがindesignファイルに埋め込まれた状態で配置されています。
この場合は埋め込み画像ファイルとなり、リンク画像データは入稿していただく必要がありません。

配置画像について / InDesignの注意点

配置画像について / InDesignの注意点 マークが表示されている場合は、リンク画像ファイルを読み取ることができない状態です。
画像を再配置するか、リンク画像ファイルをindesignファイルと同一階層にを移動させてください。

配置画像について / InDesignの注意点

配置画像について / InDesignの注意点マークが表示されている場合、リンク元の画像ファイルが変更された可能性があります。
Photoshop等の画像処理ソフト等で修正を加えた時は、リンクを更新してください。

配置画像について / InDesignの注意点

解像度の確認

刷物用の画像解像度の基本は、使用される大きさの原寸で350dpi以上が推奨です。
画面上で、きれいに表示されていても、画像解像度が低い場合、モザイクがかかったような粗い絵柄となって印刷されます。
昨今のインターネット事情から、Webページ用の画像を配置される場合がありますが、Webページ用の画像の基本解像度は72dpiで、とても低いものです。 また、カラーモードもRGBに設定されており、印刷品質に耐え得る画像ではありません。

用途 解像度
画面表示用、主にWEBインターネット等 72dpi、96dpi
印刷用画像解像度として限界 250dpi
印刷に最適な解像度※1 350dpi~400dpi
※1 原寸大(レイアウトソフト上での拡大なし)の場合。
※ 極端に解像度が高いと、データ制作や保存の際に妨げとなる場合があります。ご注意ください。
解像度の確認 / InDesignの注意点
解像度の確認 / InDesignの注意点

細線や罫線のヘアラインについて

罫線には必ず0.25pt以上の線幅設定をして下さい。

印刷作成ソフトでは、カラーパレットにて線に色の指定をすることで、線に色を付けることができます。
同時に線幅も指定することができます。
お客様の画面上やプリンターで細線として出力され、問題がないように見えても、実際の印刷時はカスれた極細線となり、ほとんど見えません。
また、「塗り」に設定されている場合も同様のことが発生します。

細線や罫線のヘアラインの確認 / InDesignの注意点