印刷通販のジオプリント ネット印刷 印刷通販 フライヤー チラシ

0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

トップページ > データ作成ガイド > Illustratorの注意点

Illustratorの注意点

書類のカラーモードとアプリケーションのカラー設定

「CMYKカラーモード」でデータを作成してください

新規書類作成時に「CMYKカラーモード」を選択してください。

「CMYKカラーモード」でデータを作成してください / Illustratorの注意点

RGBカラーモードで作成された場合

データ中のRGBカラー、特色指定はすべてCMYKモードに変換します

RGBカラーや特色指定は、すべて当社規定の印刷標準仕様の基づいたプロファイル変換を行っております。
お客様の出力結果環境とは違いが生じます。
また、ソフトのバージョンアップや当社システムの更新に伴い、その時々で結果に差が出ることがあります。

印刷4原色【CMYK】と、光の3原色【RGB】
印刷4原色【CMYK】と、光の3原色【RGB】 / Illustratorの注意点
RGBとCMYKの色調(色味)を合せることは可能か?

残念ながら、完全に一致させることはできません。CMYKインク表現と、RGB表現では、再現される色範囲(カラースペース)が違い、CMYKの方が狭くなっています。

なぜCMYK色とRGB色がぴったりと合わないのか?

光や自然界に存在する色(可視光線領域)の全てをインキで表現することはできません。
CMYK、RGBではそれぞれ限られた色範囲(カラースペース)の中でしか色を扱うことができません。CMYKカラースペースよりもRGBカラースペースは広く、その領域差にある色が使用されている場合は、印刷色であるCMYK変換時に、近似値の色に置き換えられてしまいます。見た目でくすんだ色になります。

アプリケーションのカラー設定

それぞれのアプリケーションのカラー設定が統一されていないと、同じデータでも意図したものと大きく違った色になってしまうことがあります。
印刷用のカラー設定としては、下記の設定をしていただくことをお勧めします。

「CMYKカラーモード」でデータを作成してください / Illustratorの注意点

「塗り足し」と文字切れ

塗り足し

塗り足しとは断裁工程で発生するズレを想定して、商品仕上がりサイズの外側まで絵柄を伸ばす部分のことを指します。 絵柄が仕上りサイズから飛び出してデザインされている場合は、塗り足しが必ず必要です。

塗り足し / Illustratorの注意点

文字切れ

商品の仕上がりサイズギリギリまで文字や切れてはいけない絵柄や写真を入れると、断裁時に切れる可能性があります。
塗り足し同様、断裁工程で発生するズレを想定の上、内3mmまでに収めてください。

文字切れ / Illustratorの注意点

スミ(Black100%)100%設定について

ブラックオーバープリント【スミ(Black100%)100%設定】について

一般的な印刷物の場合、スミ(Black100%)100%の場合は「ノセ」という処理がされます。
当社のシステムも同上の処理がなされます。
これには小さな文字が絵柄の上に乗った場合でも、判読しやすいなどの利点があります。
しかし、場合によっては意図しない結果になる場合もあります。

スミ(Black100%)100%設定について / Illustratorの注意点
スミ(Black100%)100%設定について / Illustratorの注意点

スミノセを回避する対応策としては、スミ(Black100%)100%にプラス、C60+M30+Y30を設定してください。

※「スミノセ」とは=アプリケーションソフトでは、オーバープリントのこと。
文字や罫線を下の他色の版に刷り重ねる処理のこと

リッチブラックについて

リッチブラックとは

リッチブラックとは、スミ100%の絵柄ベタ面が多く、ブラック墨インキだけの濃度では表現し難い場合、深みのある黒を表現する設定です。
当社おすすめリッチブラックはBL100にプラス、C60 M30 Y30 です。

リッチブラックとは / Illustratorの注意点

フォントのアウトライン

フォントのアウトラインについて

以下の機能や効果を使うと、「アウトラインを作成」を実行しても、アウトラインができません。

パターン機能

パターンに登録されたフォントは、下記の手順でアウトライン化してください。
「オブジェクト」メニュー→「分割・拡張」でアウトライン化してください。
パターンに登録されたフォントは、「オブジェクト」メニュー→「分割・拡張」をおこなってからアウトラインを作成してください。

パターン機能 / Illustratorの注意点
エンベロープ効果

エンベロープ効果を使用したフォントは、下記の手順でアウトライン化してください。
「オブジェクト」メニュー→「エンベロープ」→「拡張」でアウトライン化してください。

エンベロープ効果 / Illustratorの注意点

フォントにグラデーション設定された文字

フォントにグラデーション設定された文字について

アウトライン化する前の文字にグラデーション設定をしても、スミ文字で表現されます。
ところがこれを「アウトラインを作成」でアウトライン化すると、その時に設定したグラデーションの設定で表現されます。
アウトライン化後は、再度色指定に不具合がないかご確認ください。

フォントにグラデーション設定された文字 / Illustratorの注意点

配置画像について

リンク設定

リンク画像(配置画像)が揃っていますか?

入稿にはすべてのリンク元画像が必要です。
リンクで配置した画像は、リンクしている元の画像ファイルも必要です。すべての画像を入稿していただく必要があります。
リンク画像データファイルが揃っていないとリンク切れとなり、画像を表示・印刷することができません。

リンク画像の確認

Illustratorのリンクパレット(「ウィンドウ」メニュー→「リンク」)を使用して、画像の配置状態を確認できます。
リンクされている画像ファイルすべてが、ご入稿データの中に揃っているかご確認ください。

正常にリンクで配置されている場合、リンクパレットにはリンク画像ファイル名が表示されます。
リンクパレットで確認できるものと同じ名前の画像ファイルを入稿してください

リンク画像の確認 / Illustratorの注意点
リンク画像の確認 / Illustratorの注意点マークが表示されている場合、画像ファイルがIllustratorファイルに埋め込まれた状態で配置されています。
この場合は埋め込み画像ファイルとなり、リンク画像データは入稿していただく必要がありません。

リンク画像の確認 / Illustratorの注意点

リンク画像の確認 / Illustratorの注意点 マークが表示されている場合は、リンク画像ファイルを読み取ることができない状態です。
画像を再配置するか、リンク画像ファイルをIllustratorファイルと同一階層にを移動させてください。

リンク画像の確認 / Illustratorの注意点

リンク画像の確認 / Illustratorの注意点マークが表示されている場合、リンク元の画像ファイルが変更された可能性があります。
Photoshop等の画像処理ソフト等で修正を加えた時は、リンクを更新してください。

リンク画像の確認 / Illustratorの注意点

解像度の確認

刷物用の画像解像度の基本は、使用される大きさの原寸で350dpi以上が推奨です。
画面上で、きれいに表示されていても、画像解像度が低い場合、モザイクがかかったような粗い絵柄となって印刷されます。
昨今のインターネット事情から、Webページ用の画像を配置される場合がありますが、Webページ用の画像の基本解像度は72dpiで、とても低いものです。 また、カラーモードもRGBに設定されており、印刷品質に耐え得る画像ではありません。

用途 解像度
画面表示用、主にWEBインターネット等 72dpi、96dpi
印刷用画像解像度として限界 250dpi
印刷に最適な解像度※1 350dpi~400dpi
※1 原寸大(レイアウトソフト上での拡大なし)の場合。
※ 極端に解像度が高いと、データ制作や保存の際に妨げとなる場合があります。ご注意ください。
解像度の確認 / Illustratorの注意点
解像度の確認 / Illustratorの注意点

データ形式

イラストレーターに配置する画像の保存形式は、EPS/TIFF/PSDを推奨しています。

細線や罫線のヘアラインの確認

罫線には必ず0.25pt以上の線幅設定をして下さい。

印刷作成ソフトでは、カラーパレットにて線に色の指定をすることで、線に色を付けることができます。
同時に線幅も指定することができます。
お客様の画面上やプリンターで細線として出力され、問題がないように見えても、実際の印刷時はカスれた極細線となり、ほとんど見えません。
また、「塗り」に設定されている場合も同様のことが発生します。

細線や罫線のヘアラインの確認 / Illustratorの注意点